FC2ブログ

ホーム > スポンサー広告 > タラヲ「梓ちゃんはぼくのお嫁さんになるで~す」ホーム > SS(アニメ) > タラヲ「梓ちゃんはぼくのお嫁さんになるで~す」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)| | はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - スポンサーサイト  

タラヲ「梓ちゃんはぼくのお嫁さんになるで~す」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 12:57:29.83 ID:nQlBQOql0


梓「そ、そんな・・・」

紬「ま、待ってタラちゃん。梓ちゃんはまだ・・・」

タラヲ「そんなの関係ないで~す」

マスオ「そうだよ~。タラちゃんがそう言ってるんだからちゃんと従って欲しいですね」

唯「あずにゃん・・・」

カツオ「それじゃあぼく達はこれで」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:00:37.34 ID:nQlBQOql0

タラヲ「明日お迎えの人を送るですから、ちゃんとユイノーの仕度をしておいてくださ~い」

マスオ「はいタラちゃん、籠だよ~」

タラヲ「はいパパ~」

 磯野一家は籠に乗って帰っていった。

澪「ど、どうしよう・・・このままじゃ梓がタラヲのお嫁さんにされちゃう」

唯「あずにゃ~ん、え~ん」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:02:39.63 ID:nQlBQOql0

梓「・・・」

紬「梓ちゃん、私達が必ず貴女のことを」

梓「いいです」

紬「え?」

梓「私、磯野家の人間になります」

律「お、おい梓お前・・・」

梓「皆さんにこれ以上迷惑をかけるわけにはいきませんから」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:06:02.33 ID:nQlBQOql0

~翌日~

ノリスケ「すみませ~ん」

タイ子「梓ちゃんをお迎えに上がりました~」

紬「」

ノリスケ「あ、ムギちゃん」

タイ子「梓ちゃんを連れてきてくだいませんか?」

紬「断ります! 私達は梓ちゃんを貴方達には渡しません!」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:08:01.78 ID:nQlBQOql0

タイ子「あの、それで本当によろしいんですか?」

律「当たり前だ!」

ノリスケ「おやおや? 暖簾の奥からみんな出てきて。何のつもり?」

澪「か、帰れ! この金の亡者!」

唯「もう来ないで下さい!」

タイ子「あらあら」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:10:44.11 ID:nQlBQOql0

ノリスケ「どうする? タイ子?」

タイ子「梓ちゃんを連れて行かなきゃタラちゃんに申し訳ないわ。だってもう式の準備をしてるんですもの」

ノリスケ「そうだよねぇ」

澪「そんなのそっちの都合だろ? こっちにはそんなこと・・・」

タイ子「関係ないっておっしゃるの?」

律「そ、そうだ!」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:14:48.49 ID:nQlBQOql0

ノリスケ「だあっーーー!!」

澪「ひっ・・・!」ビクッ

ノリスケ「ぼく達にだってね、君たちの都合なんか関係ないんだよ」

タイ子「うふふ」

ノリスケ「君たちがそういう態度をとるんならこっちにも考えがあるんだからね」

紬「な、何をするつもりですか!?」

タイ子「こうするのよ!」

梓「きゃっ!」

 タイ子は梓を抱きかかえると、彼女を肩の上に乗せて屋敷の外に飛び出した。

律「あ!!」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:15:45.63 ID:eQmZOGxz0

タイ子wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:17:50.91 ID:FxL2JD/B0

タイ子ぱねぇwwwwwwwww


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:17:28.02 ID:nQlBQOql0

ノリスケ「じゃあね、琴吹屋のみなさん」

 ノリスケもタイ子の後を追って屋敷を出た。

律「まずいぞ! あいつらを追うんだ!」

唯「うん! 絶対あずにゃんを取り返すもん!」

 四人は波野一家を追いかけた。


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:19:49.66 ID:nQlBQOql0

タイ子「はぁはぁ」

ノリスケ「大丈夫かい?」

タイ子「ええ。少し重いけど運べない重さじゃないわ」

唯「まてぇ~~~!」

ノリスケ「あの子達まだ追ってくるよ」

タイ子「どうします?」

ノリスケ「よ~し、ぼくがあいつらを引き止めておくからタイ子は早くタラちゃんの屋敷へ」

タイ子「わかったわ。ノリスケさん」

 タイ子はノリスケにウインクをすると、磯野家に向かって韋駄天走りに走った。


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:22:16.04 ID:nQlBQOql0

律「あ、梓を返せ~~!」

ノリスケ「うるさい!」バキッ

 Uターンして引き返してきたノリスケが律の額を殴りつける。

律「うわ!」

澪「律!」

 すると、倒れた律に気を取られた澪をノリスケが両手で持ち上げた。

ノリスケ「はは、やっぱり女の子は軽いなぁ」

澪「う、うわああああ!」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:26:06.46 ID:nQlBQOql0

八兵衛「あれ? なんだありゃ」

光圀「ん・・・あれは・・・助さん、格さん」

助格「はっ!」

 偶然道を通りかかった旅の一行が、四人の少女相手に大暴れする角刈りの男を発見した。

ノリスケ「わはははは! このまま真っ逆さまに落としてやる!」

澪「や、やだあああ!! 下ろしてえええ!」

唯「澪ちゃあああん! 誰か助けてえええ!」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:27:11.57 ID:Ep+CmuQB0

肛www門wwwww


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:27:32.87 ID:JO7fVs3b0

超展開


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:27:32.65 ID:IclWJ3W50

カオスの予感wwww


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:28:23.07 ID:nQlBQOql0

助さん「止めろ!」

ノリスケ「え?・・・あふっ!」

澪「きゃっ!」ボトッ

格さん「おっと」パシッ

唯「ほっ」

ノリスケ「な、なんなんだお前達は!」


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:31:34.47 ID:nQlBQOql0

ノリスケ「ぼくは磯野一家の人間だぞ!」

助さん「それがどうした」

ノリスケ「生意気な!」

 ノリスケは脇差を懐から取り出し、助さんに飛び掛った。
 しかし、あっという間に刃物を取り上げられ、顔面に拳を食らわされてしまった。

ノリスケ「は、歯が・・・」ボロッ

格さん「まだやるか」

ノリスケ「お、覚えてろよ! 磯野一家に刃向かったらどうなるかとっくりと叩き込んでやるからな!」



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:33:58.07 ID:4Eo3CfMWO

いいぞ


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:35:55.54 ID:GJcdfIso0

いいぞいいぞ


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:35:58.01 ID:nQlBQOql0

~その後~

光圀「なるほど」

助さん「紬さんの家に奉公に来ていた娘さんを磯野一家とかいう輩にかどわかされてしまったわけですね」

紬「はい」

八兵衛「そいつぁ酷い話だ」

律「私達はみんな貧しい村の出なんだけど、そんな私達をムギが雇ってくれたんだ」

唯「あずにゃんもその一人だったんだよ~」

光圀「ふむ」

格さん「それにしてもその磯野一家という奴らはどんな奴らなんでしょうか、ご隠居」

光圀「少し探りを入れてみますかな」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:38:40.41 ID:oxVH+Xhn0

>>40にしてやっと時代設定が明らかに


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:40:28.81 ID:2E+jH+VEP

まさか水戸黄門クロスだったとは


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:40:48.21 ID:nQlBQOql0

~磯野家~

波平「ばっかもん!!」

ノリスケ「ひ!」

タイ子「すいません、おじ様!」

波平「折角タラちゃんが晴れ着まで来て待っておったのに! 嫁を連れてこないとはどういうことだ!」

ノリスケ「は、はいそれが・・・急な邪魔が入りまして」

タイ子「わ、私も風車を持った変な人に梓ちゃんを連れていかれて・・・」

波平「言い訳などいらんわ!」

ノリスケ「ご、ごめんなさひぃい!」

 ノリスケ達が地面に額をこすりながら土下座をする。

フネ「まぁ過ぎたことは仕方がありません」

 襖の奥から女性の影が現れる。

フネ「問題はどうけじめをつけるかです。ね、お父さん」

波平「そうじゃ」


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:46:08.38 ID:nQlBQOql0

~琴吹屋~

光圀「ほぉ・・・ここが紬さんのお店ですか」

紬「はい。しがない海鮮問屋です」

八兵衛「確かにばっちぃ所ですね」

助さん「八!」

律「まぁほんとのことだしな」

格さん「しかし、その割には屋敷自体は結構な大きさで」

助さん「外から見えた蔵も立派なものだったようだし」

唯「それには訳があるんです・・・」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:51:50.54 ID:nQlBQOql0

八兵衛「わけ?」

光圀「磯野一家の事ですな?」

澪「ど、どうしてそれを?」

光圀「まぁまぁ。どれ、一つわしらに話をしてみなされ。もしかしたら力になれることがあるかもしれん」

八兵衛「そうですよ。うちのご隠居はそれはそれは有名な・・・」

格さん「八!」

紬「・・・元々うちは藩の商を一手に受ける大問屋だったんです」

光圀「ふむ」

紬「ですが、やくざものだった磯野一家が海鮮問屋を開いてからはそちらが藩の御用達になってしまいました」

助さん「それはおかしな話ですね」

格さん「やくざが始めた店がいきなり御用達だなんて。ご隠居」

光圀「確かにこれは裏があるようじゃな」


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:52:03.45 ID:BhlVKtnT0

何このカオスwwww


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:55:58.96 ID:nQlBQOql0

~川原~

ノリスケ「た、たすけてくれへぇえ!!」

タイ子「いやああ! 死にたくないいい!」

イクラ「ちゃあああん!」

 そこには簀巻きにされた波野一家と、カツオとその取り巻きたちが居た。
 (簀巻き→ぐるぐる巻きにして身動きをとれなくする)

カツオ「ごめんねノリスケさん。これもタラちゃんの希望だからさ」

ノリスケ「ぼ、ぼく達親戚だろう!?」

タイ子「なんとかタラちゃんを説得して! お願いカツオちゃん!」

カツオ「う~~~ん」

中島「おい磯野。あんまり迷ってるとお前もやばいんじゃないのか?」

橋本「そうだぜ磯野。ちゃっちゃと沈めて野球でもしようぜ」


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:57:31.49 ID:Tmxpi/q70

無限のカオスも悪くない


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 13:57:33.21 ID:4Eo3CfMWO

カツオさんはいい奴やで


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:04:00.03 ID:nQlBQOql0

カツオ「よ~し・・・それじゃ投げ込むぞ~」

中島「へい」

ノリスケ「う、うわあああ!」

タイ子「イクラだけは! お願い! イクラだけは助けて! あの子は何にもしてないの!」

カツオ「そんなの知らないよっ!」

橋本「投げるぞ~! 1・2の3!」ポイッ

中島「えい!」ポイッ

カツオ「えぇ~い!」ポイッ

ノリスケ「うあたすげぷごぽぽぽぽ・・・」

 筵(藁で編んだ敷物)で体をぐるぐる巻きにされた波野一家はぶくぶくと音を立てながら沈んでいった
 水を吸った藁が三人の体に絡みつく
 三人に残された道は二つのみ
 このまま溺死するか、
 あるい流れに流れ、息が切れる前に水中の岩に衝突して激突死するかだった


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:08:24.83 ID:nQlBQOql0

~琴吹屋~

弥七「ここがおめぇさんの奉公先かい」

梓「はい」

唯「あ! あずにゃんだ!」

梓「唯先輩!」

唯「心配したんだよ~、無事だったんだね~」

光圀「弥七か」

弥七「これは・・・ご隠居」

律「ん・・・この人爺さんの知り合いなんか?」


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:13:42.27 ID:nQlBQOql0

~磯野家~

タラヲ「いやです~、ぼくは今日梓ちゃんと結婚したいんです~」

波平「おぉ・・・タラちゃんや・・・そんなに泣かんでおくれ」

タラヲ「うわ~~~ん!」

マスオ「お父さん、ぼくが行ってきましょうか?」

フネ「わざわざ本家の人間が出向くというのもよくありませんよ」

サザエ「そうよマスオさん。そんなんじゃお嫁さんが調子に乗っちゃうわ」

マスオ「そ、そうかなぁ・・・」

波平「女は男に従うもの。夫の家族が嫁の送り迎えなんぞできるか!!」

サザエ「でもそれだと困るのよねぇ・・・」

 すると、戸をピシャリと開き一人の少年が現れた。

カツオ「みんな。この件はぼくに任せてよ」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:17:03.27 ID:nQlBQOql0

波平「なにぃ?」

フネ「出すぎたことを言うんじゃありません」

カツオ「でもそれだといつまで経っても梓ちゃんはうちに来ないよ」

タラヲ「え~~ん! 梓ちゃんに会いたいです~~」

サザエ「・・・どうするつもりよ」

カツオ「梓ちゃんに自分から来てもらうんだよ。うちにね」

マスオ「えぇ!? そ、そんなことができるのかぃカツオ君!」

カツオ「まあね」

タラヲ「カツオにいちゃんにお願いするです」

波平「タラちゃん!?」

タラヲ「カツオにいちゃんにぜ~んぶ任せるです」

カツオ「そうこなくっちゃ!」


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:21:31.83 ID:nQlBQOql0

~その晩~
 闇夜に忍ぶ人影が数人。

中島「あれが梓ちゃんのいる家?」

カツオ「そうだよ中島」

橋本「ほんとに大丈夫なのか、磯野?」

カツオ「え?」

橋本「あの家燃やしちゃったら、梓って子も死んじゃうんじゃね」

カツオ「そんなのお前の心配することじゃないだろ?」ギロ

橋本「ごめん」

カツオ「あいつらが店じまいをしたら矢を放つんだ」

 カツオは矢を一本手に取ると、その先端に油を塗った

カツオ「火をつけてからね」


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:23:43.42 ID:nQlBQOql0

~琴吹屋~

紬「今日はもうお客さんは来ないわね」

律「よ~し、それじゃ片付けっか」

助さん「私達も何か手伝いましょうか?」

紬「あ・・・それじゃぁ外に出てる籠を」

格さん「わかりました」

 二人が店の外に出た。


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:26:01.68 ID:nQlBQOql0

助さん「それにしてもこの店はべっぴん揃いだ」

格さん「まったくお前という奴は」

助さん「お前もそう思うだろう?」

格さん「まぁ否定はせんが・・・」

助さん「やっぱりそう・・・ん?」

格さん「どうした?」

助さん「油の臭いだ」

格さん「!!」


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:31:31.87 ID:nQlBQOql0

~物陰~

カツオ「よ~しみんな、弓を引け!」

手下「へい!」

 カツオ達が一斉に矢を取り、琴吹屋に狙いを定める。

カツオ「撃て!」

中島「いやぁーっ!」バシュッ

 数人の少年達が放った火の屋が屋敷目掛けて飛び出した。

助さん「らぁ!」ズバ

格さん「か!」ズバ

 しかし、カツオ達の死角から現れた助さん格さん達が、
 次々と刀で火の矢を切り落としてしまった

カツオ「な、なんだあいつらは!」

助さん「あっちから声が聞こえたぞ!」

格さん「おう!」

 二人はカツオ達が隠れている方へ走ってきた。


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:35:57.45 ID:nQlBQOql0

助さん「矢を撃ってきたのはお前達か!」

中島「ひぃ! い、磯野!」

カツオ「数で勝ってるのはぼく達だ! 撃て! 矢を撃て!」

橋本「く、くらえ!」

 橋本は火をつけずにすぐさま矢を撃った
 しかし、その矢はいとも容易く格さんに掴まれてしまった

中島「す、素手で矢を・・・」

カツオ「何びびってんだよ! 情けないぞ中島!」

中島「で、でも・・・」

手下「ぎゃああ!」

 助さんに殴られた少年が中島に向かって飛んできた

中島「うわ! か、勝てないよ・・・大人相手に子供が・・・」

カツオ「えぇい!」


76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:40:58.21 ID:nQlBQOql0

カツオ「もういいよ! お前らなんか絶交だ!」

中島「い、磯野・・・!?」

 カツオは一言言うと、ポケットから取り出した玉を地面に投げつけた
 すると玉が火花を飛び散らせながら炸裂し、緑色の煙を噴出させた

助さん「うわ! これは・・・」

格さん「たまらん!」

 二人はすぐさまその場を離れ、琴吹屋に戻った
 その時、二人は家々の屋根の上を掛けるカツオを見かけた。

助さん「あ、あいつ!」

格さん「おのれ、自分だけはその場を逃れていたのか!」

弥七「あの坊主はあっしに任せてください」

助さん「弥七!」

 どこからともなく姿を現した弥七がカツオを追った


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:45:20.88 ID:nQlBQOql0

~磯野家の前~

カツオ「はぁはぁ・・・」

 疲れきったカツオがその場に倒れた

カツオ「ここまでくればなんとか・・・」

弥七「おぅ坊主!」

カツオ「!? な、なんだお前は・・・」

弥七「わりぃがちょいと来て貰うぜ」

カツオ「あ・・・やめろ! ぼくをどこへ・・・」

 その時、一発の銃声が鳴り響いた

弥七「!?」

カツオ「」グッタリ

弥七「死んでやがる・・・ちっ!」

 弥七はすぐに引き返した



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:49:44.12 ID:nQlBQOql0

~その後・琴吹屋~

助さん「手下を毒殺するなんてとんでもない悪ガキだ」

光圀「この子らを生かしておいたら立派な生き証人になってしまうからな」

格さん「弥七がちゃんとあいつを捕らえてこれればいいが・・・」

澪「うう・・・」

唯「怖いよ~、まさか家を放火しようとしてただなんて・・・」

梓「すみまさん・・・私のせいで」

紬「梓ちゃんのせいじゃないわよ」


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:53:41.64 ID:nQlBQOql0

弥七「申し訳ありません、ご隠居」

八兵衛「あ、親分」

弥七「すんでのところで証人を消されちまいやした」

光圀「そうか・・・」

紬「わ、私達はどうすれば・・・」

光圀「ここももう安全とはいえんでしょうからな」

唯「えぐっ・・・ぐすん」

光圀「ここは一つ勝負に出てみますかな」

澪「勝負?」

光圀「はい」

紬「あの、ご隠居様は一体・・・」

光圀「ただのお節介好きな旅の隠居ですよ」


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:57:02.81 ID:nQlBQOql0

~磯野家~

波平「カ、カツオが!」

サザエ「ええ、父さん! う、うちの前に死体が・・・」

フネ「なんてこと」

マスオ「まさかノリスケ君の言ってた奴らが?」

波平「うちの嫁をかっさらっていった馬鹿共のことか!」

サザエ「くぅぅ!! 許せないわ!」

マスオ「どうしましょうお父さん・・・」

波平「決まっとろう。ここまでされて黙っておる訳にはいくまい・・・討ち入りじゃ!!」




86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 14:59:47.03 ID:nQlBQOql0

~磯野家前~

タラヲ「これから梓ちゃんを迎えにいくですね」

マスオ「そうだよ、タラちゃん」

タラヲ「ぼくは梓ちゃんにしか好きじゃないです~」

波平「そうかそうか。タラちゃん、じゃあ他の奴らは殺してもいいね」

タラヲ「一味です」

フネ「さぁ、みんな籠に乗って」

サザエ「カツオの仇、必ず討ってやるわ!!」

 磯野一家が子分たちを率いて、行進を始めた


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:05:01.59 ID:nQlBQOql0

~磯野家と琴吹屋の間~

波平「どうした! 何を止まっておる!」

子分「へい! 道の途中に邪魔な岩が・・・」

フネ「岩ですって」

サザエ「父さん、それってまさか・・・」

 突如磯野一家を乗せた籠の前に立ちふさがる岩が爆発した

マスオ「うわあああ!」

 籠ごと吹き飛ばされた磯野一家は全員籠から放り出された

サザエ「いたたたた・・・」

フネ「前に誰かいるわ」


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:06:05.68 ID:wDIkX/uw0

何これ面白い


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:11:58.10 ID:nQlBQOql0

波平「何者じゃー!」

光圀「はーっはっはっはっはっはっは」

サザエ「なんなのこの笑い声! きもちわるい!」

光圀「お前さん達が磯野一家じゃな」

 爆風で舞い上げられた煙の中から数人の男達が現れる

マスオ「な、なんなんだい君たちは!」

光圀「世の中に蔓延る悪党共を許せない、ただの隠居です」

波平「な、なにを無礼な!」

フネ「お下がりなさい! 私達を誰だと思っているんですか」

弥七「そんなこと知るめぇ!」

サザエ「え~い! 話なんかする必要ないわ! やりなさい! 先手必勝よ!」

子分「へい!」

光圀「仕方ありませんな・・・助さん、格さん、存分に暴れてやりなさい」

助格「はっ!」


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:19:42.61 ID:nQlBQOql0

マスオ「びゃああああ!!」

 助さんに飛び掛ったマスオの顔に助さんの裏拳がヒットした

サザエ「マスオさん! ・・・おのれぇ!」

格さん「わ!」

 サザエの長刀が格さんを襲う

フネ「いきなさい」

子分「へい!」

光圀「むぅん!」

 フネの指示で十数人の子分達がご老公一向に向かう
 しかし、ろくな格闘経験も無いゴロツキ共は瞬く間にのされていった

波平「こいつらやりおるわぃ」

マスオ「い、痛い・・・」

波平「母さん、刀を」

フネ「はい、どうぞあなた」




95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:25:40.91 ID:nQlBQOql0

波平「とりゃああ!」

 波平が光圀に斬りかかる

光圀「世迷い者!」

波平「あわわ!」

 しかし、光圀は杖で波平の刀をなぎ払った
 そして、波平の禿頭に杖の先端を叩きつけた

波平「くぁ!」

光圀「懲りましたかな」

フネ「ここで退いたら男の恥ですよ」

波平「・・・さよう。たりゃああ!」

助さん「ふん!」

波平「あ・・・」

 助さんの峰打ちを喰らい、波平はその場にうずくまった


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:32:48.94 ID:nQlBQOql0

サザエ「きゃあああ!」

 格さんの柔によってサザエが絶命する

フネ「く・・・」

光圀「どれ、もうこのくらいでよかろう」

助さん「静まれー! 静まれー!」

格さん「この紋所が目に入らぬか!」

 格さんが印籠を取り出した

フネ「葵の御紋!!」

格さん「こちらにおわすお方をどなたと心得る! 畏れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」

波平「み、水戸のご老公!?」

マスオ「ああ・・・ぼく達もうお仕舞いだ・・・」

格さん「ええい、頭が高い! 控えおろう!!」

磯野一家「へへ~~~!」


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:35:18.79 ID:nQlBQOql0

~その時・琴吹屋~

八兵衛「大丈夫ですよ。ご隠居がなんとかしてくれますから」

紬「・・・」

唯「ほんとに?」

八兵衛「そりゃもう」

??「そうはいかないです」

律「誰だ!?」

 突然、幼い少年の声が室内にこだました


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:38:45.34 ID:nQlBQOql0

タラヲ「ばきゅ~んです」ドバン

紬「け、拳銃!?」

 戸を開けて現れたタラヲが天井に向けて発砲した

タラヲ「梓ちゃん、迎えに来たですよ~」

梓「あ・・・あぅ」

唯「あずにゃんどうしたの!?」

タラヲ「あのときのこと思い出してるですね~」

澪「あのときのこと!?」

タラヲ「そうで~す」


101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:40:05.05 ID:UrctV/fx0

まさかの展開


103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:41:54.01 ID:nQlBQOql0

紬「梓ちゃん、一体何をされ・・・」

タラヲ「梓ちゃんとエッチしたで~す」

八兵衛「な、なんだってぇ!?」

澪「嘘・・・」

タラヲ「梓ちゃんわんわん泣いてかわいかったで~す」

梓「う・・・うぅ」グスン


104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:42:38.13 ID:q3YEDf4M0

さすがタラヲ


105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:44:16.21 ID:UB9uuQ+XO

タラオ氏ね


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:44:37.82 ID:nQlBQOql0

タラヲ「だけどぼくまだちっちゃいからセーエキでなかったんですけどね~」

律「!?」

タラヲ「でもきもちいのに変わりはないですから、それでもOKで~す」

唯「やめてよぉ・・・」

タラヲ「これから梓ちゃんはず~っとぼくのものです」

タラヲ「ぼくが大きくなったら梓ちゃんはぼくの赤ちゃんを産むです」

タラヲ「そうしたらこんどはその子をぼくの新しいお嫁さんにするんです」


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:45:07.20 ID:fOtp3Nvt0

たらをおおおおおおおおおおおおお!


108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:45:38.20 ID:r/mmASnO0

氏ね
まじで



111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:47:35.31 ID:nQlBQOql0

唯「そんなこと言わないで・・・」

タラヲ「いやです~もっと言うです~」

律「てめぇ・・・」

タラヲ「梓ちゃんも梓ちゃんの娘も、その娘もみんなぼくのもので~す」

タラヲ「ぼくのものになればず~っと不自由なしですよ?」

梓「・・・やだ」

タラヲ「え?」

梓「嫌! もう嫌ぁあ! 私、タラちゃんなんかと結婚したくない!!」

八兵衛「よく言った! 梓ちゃん!」

タラヲ「むぅぅ~~~」



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:49:08.76 ID:8UaUWc1yO

流石タラヲ

既に手をつけていたとは



114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:50:07.78 ID:9U2p6SBtO

タラヲキチぶりワロタ


115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:50:27.86 ID:nQlBQOql0

 タラヲが銃を唯に向けた

タラヲ「ぼくのいうこと聞かないと友達殺すですよ」

唯「あ、あずにゃん・・・」

梓「唯先輩!」

タラヲ「後悔先に立たずです」

梓「やめてぇぇえ!! 唯先輩を殺さないでえええ!!」

タラヲ「一味です」

 タラヲが銃に掛けた指に力をこめた


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:56:42.97 ID:nQlBQOql0

バキュン!

 鈍い銃声が響き渡る

唯「あ・・・あ・・・」チョロチョロ

 唯は恐怖のあまり小便を漏らしていた

タラヲ「ぐ・・・い、痛いです」

八兵衛「親分!」

 タラヲの小さな手には風車が突き刺さっていた
 弥七がタラヲの銃撃を逸らしたのだ

タラヲ「うぅ・・・」

 タラヲが床に落ちた銃を拾おうとする
 すると、天井裏から弥七が回転しながら飛び降りて来た
 そしてそのままタラヲの肩に飛び蹴りを喰らわせた

タラヲ「うわーん!」

 タラヲはふすまを突き破りながら店の外に飛んでいった





122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:58:22.52 ID:775NUsWw0

>>タラヲはふすまを突き破りながら店の外に飛んでいった

想像したら吹いたw



123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 15:59:07.67 ID:nQlBQOql0

タラヲ「く・・・許さないです」

弥七「ふてぇガキだ。まだ息がありやがる」

八兵衛「親分! あんなガキぶっとばしてやってください!」

弥七「おぅよ」

 弥七が風車の手裏剣を投げた

タラヲ「うく!」

 タラヲの両肩に手裏剣が突き刺さった


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:04:38.09 ID:nQlBQOql0

弥七「とどめだ!」

 弥七は匕首を逆手に持つと、タラヲの首に深くそれを突き刺した

タラヲ「うわあああああ!!」

 弥七は刺した刃をくるりと回して傷口を抉る

タラヲ「こふ・・・」

 タラヲは白目を剥き、汚い舌とよだれを垂らしながら地面に横たわった

紬「これが磯野一家頭首の最期・・・」

梓「うぅ・・・えぇ~ん! え~ん!」

 梓は安心のあまり泣き出した

律「よかったな・・・梓」

唯「私達、もう磯野一家に怯えなくていいんだよね」

八兵衛「あったりめぇよぉ」


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:05:33.98 ID:cOR4ulTJ0

ハッピーエンド?


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:05:45.72 ID:UB9uuQ+XO

タラヲざまあぁぁぁあぁぁあああぁぁぁあぁwwwwww


134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:07:57.52 ID:215mLXDM0

磯野家がなぜこんなことに・・・


135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:08:24.81 ID:nQlBQOql0

~翌日~

紬「ありがとうございました。ご老公様」

光圀「ほっほ」

助さん「どうやらあのタラヲとかいう子供が代官や奉行の弱みを握っていたようですね」

格さん「そのせいで磯野一家が御用達の海鮮問屋になれたわけか」

唯「でも、磯野一家がいなくなったから、これからはうちがまた御用達のお店になるんだよね」

紬「そうね」

光圀「これにて一件落着じゃ。はーっはっはっはっはっは」

 そうしてご老公一行は次の町へ向かっていった


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:09:28.52 ID:Tmxpi/q70

終わり?


138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:09:58.76 ID:Bh5E7c6oO

乙!おもしろかった!


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 16:12:06.42 ID:x/hQDzAm0




[ 2010/04/04 01:12 ] SS(アニメ) | CM(2) | | はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - タラヲ「梓ちゃんはぼくのお嫁さんになるで~す」  
お気に入りブログ最新記事
最初なんじゃコリャって思ったけど、よかった。
タラヲはイッテよし。
[ 2010/04/04 13:36 ] [ 編集 ]
ハッピーエンド!!!!!!      \<^p^>
[ 2010/08/18 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
楽天
広告


スーツ無いなら安いのでも
紳士服はるやま





安い割に洒落ててオヌヌメ
堀江JOZE


皮でしょ皮
Fisherman's Bag


逆アクセスランキング
はてぶ
サイトについて


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。